M&Aニュース検索

帝人、連結子会社との会社分割 ポリエステル繊維関係事業を製品事業グループへ統合

  • 7
  • 2016年12月2日

事業持株会社の帝人【3401】は、現在、高機能繊維・複合材料事業グループ 高機能繊維事業本部で展開している産業資材用途のポリエステル繊維関連事業を、平成29年4月1日付で製品事業グループに統合し、「繊維・製品事業グループ」として事業の強化・拡充を図るとともに、高機能繊維事業本部はアラミド繊維関連に特化して事業展開していく。これに伴い、平成29年4月1日を効力発生日とする会社分割(簡易吸収分割)により、帝人のポリエステル繊維事業が有する販売・研究開発に係る機能については、帝人100%出資の連結子会社である帝人フロンティアに承継させると発表した。

帝人の高機能繊維事業本部は、顧客が求めるソリューションを迅速に察知・提供することを目的として、平成24年10月に産業資材用途において国内のポリエステル繊維事業とアラミド繊維事業を一体化し、素材の最終用途に重点を置いた市場展開を加速してきた。

一方、製品事業グループは、帝人フロンティアを中核に、帝人が長年蓄積してきた繊維加工の技術等を最大限に活用した幅広い素材展開や、流通におけるノウハウとネットワークとの統合を図り、開発力・技術力と幅広い素材調達力とを併せ持った事業展開をしてきた。

こうした中、高機能繊維事業本部が有するポリエステル繊維の開発・生産機能と、製品事業グループの持つ加工技術及び販売機能に相互補完する要素が多いことから、双方の技術・機能・販売力を統合することによって、顧客へのソリューション提供力を更に強化する方策を検討してきた。また、アラミド繊維については、優れた強度、弾性、耐衝撃性等の特性を活かし、今後成長が予想されるグローバル市場に対応できる販売機能の強化が強く求められるようになっている。

これを踏まえ、高機能繊維事業本部と製品事業グループがそれぞれに培った知見を基に、更なる成長に向けてより高い競争力を持つ事業体へと進化するため、現在、高機能繊維事業が展開しているポリエステル繊維関連事業を製品事業グループに統合するもの。