M&Aニュース検索

gyukaku

コロワイド、子会社が北米「牛角」事業を譲受け 直営店舗の出店加速

  • 0
  • 2016年11月25日

外食大手のコロワイド【7616】及びその連結子会社であるレインズインターナショナル(以下「レインズ」)は、米国・カナダにおい て「牛角」業態の直営・FC事業を運営するReins International (USA) Co., Ltd.(以下「対象会社」)の全株式譲受けに関する株式譲渡契約を締結すると発表した。なお、取得価額は約97億5000万円。

コロワイドグループは、「外食日本一企業の実現、そしてグローバル外食企業へ」という長期ビジョンの下、近年においては、戦略的な業態ポートフォリオの再構築に取り組み、コアブランドへの業態集約やレストラン業態の売上高比率70%以上を達成してきた。

現在、コロワイドグループでは、新中期経営計画に基づき、事業の継続的成長と収益力の強化に向けて各種取り組みを行っているが、なかでも中核ブランドの海外展開は成長ドライバーとして重要な役割を担っている。

この点、対象会社は、平成13年に米国カリフォルニア州に第一号店を出店後、米国・カナダに「焼肉」というカルチャーを着実に浸透させ、現在では、米国に35店舗(直営・FC)・カナダに4店舗(FC)を展開していることに加え、北米エリアにおける出店余地は引き続き大きいと考えられることから、対象会社の子会社化によりコロワイドグループの海外展開を一層強化することが可能となる。

また、対象会社は、従来、米国・カナダにおけるライセンシーとして、独自に「牛角」店舗を運営してきたが、コロワイドグループ化後は、「牛角」事業のライセンス提供に留まらず、レインズも含めたコロワイドグループから様々な知見・ノウハウ及び経営資源を調達することで、直営店舗の出店を加速し、フランチャイズ拡大に向けても早期に運営組織の充実が可能になるとしている。尚、将来的には、コロワイドグループの他の中核ブランドについても、対象会社を通じた北米展開を検討していくとしている。