M&Aニュース検索

8806

ダイビル、子会社が西日本綜合設備の全株式を取得 グループ全体の収益性向上へ

  • 0
  • 2016年11月17日

商船三井【9104】グループのデベロッパーであるダイビル【8806】は、子会社でビルメンテナンスや不動産の管理を行う商船三井興産(以下「MOK」)が、設備総合メンテナンスサービス会社である西日本綜合設備を買収(発行済株式の100%取得)したと発表した。

西日本綜合設備は、ビル設備関連有資格者が多数在籍する設備総合メンテナンスサービス会社で、オフィスビル・マンションなどに関連する設備メンテナンス業務の殆どを自社で行うことができる。神戸市を中心に兵庫県南部を商圏としている。

MOKは、「MOKグループの顧客基盤・営業力」と「西日本綜合設備が持つ設備メンテナンス技術」とを融合させ、設備メンテナンス業務のグループ内製化によるコスト競争力向上、MOKグループが取り組む既存顧客への”提案型営業”の拡大、西日本綜合設備が持つ商圏の取り込み、MOKグループ内の人材の相互補完などにより、MOKグループ全体の収益性向上を図ることを目的として、西日本綜合設備の株式を取得したもの。