M&Aニュース検索

4708

りらいあコミュニケーションズ、ママスクエアと業務・資本提携 女性の継続就業支援へ

  • 0
  • 2016年11月17日

コールセンターの受託運営・設置・人材育成を行うりらいあコミュニケーションズ(以下「りらいあ」)【4708】は、子どものそばで働ける新しいワーキングスタイルを提案するママスクエアと、業務・資本提携の契約を締結したと発表した。

日本国内では、労働人口が減少していく一方、働く希望がありながら託児環境が整わず働くことができない母親が150万人以上いるといわれている。ママスクエアはこの課題解決のために、経験豊かな保育士等の資格を持つキッズサポートスタッフが子どもを見守るキッズスペースと、仕事に従事できるワーキングスペースを一体型にし、母親が安心して子どものそばで働ける新しいワーキングモデルを、全国に8拠点(2016年10月末現在)展開、今後も更なる開設を予定している。

りらいあでは、これまでもエリア正社員制度の創設など人事制度の整備・拡充に取り組んできたが、契約社員を含む全社員の約3/4が女性であり、女性社員の出産に伴う託児と復職のタイミングへのサポートが重要な経営課題となっていた。

今回の提携により、職住隣接で就業できる環境を整え、女性社員の継続就業に繋げることが期待されるほか、ママスクエアで就業する母親には、託児や学童が終了した時点でりらいあへのキャリアチェンジやキャリアアップに繋げる機会を提供することで、母親が継続的に就業し活躍出来る環境を整備するもの。

両社は、それぞれのノウハウを融合させ、母親が活躍し、仕事ができる環境を提供する新しいビジネスモデルを構築し、新しい働き方を支援する考え。