M&Aニュース検索

zennou

JA全農、農林中金と共同で英国の食品卸会社の全株式を取得 日本産農畜産物の海外輸出の拡大へ

  • 0
  • 2016年11月10日

JAグループのなかで農畜産物の販売や生産資材の供給など経済事業を行う全国農業協同組合連合会(以下「JA全農」)は、農林中央金庫(以下「農林中金」)と共同で、英国の食品卸会社であるSFG HOLDINGS LIMITED(以下「SFG」)の全株式を取得したと発表した。持株比率はJA全農90%、農林中金10%。

SFGは、1967年創業の生鮮・冷蔵・冷凍食品の輸入・卸売会社SCOTCH FROST OF GLASGOW LIMITEDの持株会社である。欧州・アジアを中心に35カ国から1000品目以上の食材を調達し、英国およびアイルランド内の飲食店および小売・卸売会社等に販売する、アジア・エスニック食材の輸入・保管・物流・販売事業者として実績を築いている。

全農グループは、農畜産物輸出を拡大するためには、最終実需者のニーズを把握し直販できる体制が必要であることから、欧州において現地法人の設立やロンドンでの和食店舗“TOKIMEITĒ”の開設を通じ、大消費地である英国での事業拡大策に取り組んできた。

SFGは、ロンドンを始め英国全土及びアイルランドで優良な顧客基盤を保有しているため、JA全農は、SFGの経営権を取得することにより、最終需要者へのアクセスを保有する優良な現地のサプライチェーンを獲得し、日本産農畜産物の海外輸出の拡大を図れると判断したもの。

農林中金は、日本の農林水産業の高付加価値化及び国際競争力強化を目的に設定した「F&A(Food and Agri)成長産業化出資枠」より出資し、JA全農の海外輸出戦略を支援する。