M&Aニュース検索

8002

丸紅、メキシコでタイヤ販売事業に参画 事業拡大目指す

  • 0
  • 2016年10月27日

大手総合商社の丸紅【8002】は、メキシコのタイヤ販売会社のRadial Llantas S.A. de C.V.(以下「RL社」)の株式49%を取得し、RL社の経営に参画することにつき同社と合意したと発表した。

RL社は、メキシコ国内においてタイヤ販売事業を運営しており、複数メーカーのタイヤを幅広く取り揃えることで消費者ニーズを掴み、店舗網を拡げてきた。2016年8月末時点で小売店舗・卸売拠点合わせて66ヶ所を展開している。

丸紅は、世界各国・地域の内需の成長をターゲットとする地域密着型事業の拡大を海外戦略の柱に位置づけており、消費者へ直結するタイヤ関連販売チェーンへの参画を積極的に進め、2006年にはタイのB-Quik社を買収し、ASEAN地域でのタイヤ販売事業を拡大してきた。

今回のRL社への参画を契機に、丸紅はメキシコにおいても同様のタイヤ販売事業を展開する。同国は、着実な経済成長を背景にモータリゼーションが進み、2014年には36百万台と世界第10位の自動車保有台数になり、タイヤを含む消耗品の交換やメンテナンスサービスなどの自動車アフターマーケットの拡大も見込まれる有望な市場である。

丸紅は、ASEAN地域で培ったノウハウとRL社の販売ネットワークを駆使し、メキシコ国内の消費者ニーズに合った商品やサービスを提供するとともに、タイヤ販売事業の拡大を目指す考え。