M&Aニュース検索

4613.1

関西ペイント、マレーシアの塗料事業会社の株式取得 同国市場におけるプレゼンス向上へ

  • 0
  • 2016年10月14日

総合塗料の製造販売を手掛ける関西ペイント【4613】は、子会社であるマレーシアのKansai Paint Asia Pacific Sdn. Bhd(以下「KPAP」)が、同国の塗料メーカーであるSancora Paint Industries Sdn. Bhd(以下「SPI」)の株式を取得すると発表した。

関西ペイントは、グローバル化の加速を中期経営計画の重点方針に掲げ事業活動を展開する中で、マレーシアを含むASEAN市場について、今後、成長が期待されるとともに、関西ペイントグループのプレゼンスをいっそう高めていきたい市場と位置づけている。

SPIは、マレーシアにおいて幅広い販売網と高い技術力を有しており、同国の建築塗料市場における有数のローカル塗料メーカーである。

今回、KPAPがSPIの株式を取得することにより、両社ブランドや製品群のほか、販売網を相互に補完することができ、事業競争力をいっそう高めることで更なる事業拡大を図り、同国市場におけるプレゼンスの向上に寄与することができると判断したもの。