M&Aニュース検索

フマキラー、東南アジアエリアの連結子会社2社の株式を追加取得 完全子会社化

  • 0
  • 2016年10月14日

殺虫剤や園芸用品などの製造・販売を行うフマキラー【4998】は、マレーシア所在の連結子会社であるFumakilla Asia Sdn. Bhd.(以下「FASB」)及びインドネシア共和国所在の連結子会社であるPT. FUMAKILLA NOMOS(以下「FN」)の株式を追加取得し、完全子会社化すると発表した。なお、取得価額はFASBが約1522百万円(61.5百万マレーシアリンギット)、FNが約470百万円(19百万マレーシアリンギット)の計1992百万円。

FASBは、マレーシア、タイ、ベトナム、ミャンマーなどに所在する子会社の統括を、FNは、インドネシアで殺虫剤の製造・販売を行っている。

2社は既にフマキラーの連結子会社であるが、フマキラーグループを取り巻く経営環境の変化に迅速かつ的確に対応するために、グループ内における一層の連携を図るとともに、グループの経営体制の更なる強化を図るべく、今回、両社を完全子会社化するもの。