M&Aニュース検索

キリン、ブルックリン・ブルワリー社と資本業務提携

  • 0
  • 2016年10月13日

純粋持株会社のキリンホールディングス(以下「KH社」)及びキリンビール(以下「KB社」)は、ブルックリン・ブルワリー社(以下「BB社」)との間で、資本業務提携に関する契約を締結したと発表した。

KB社は、「キリン一番搾り生ビール」の強化に加え、クラフトビールの展開に積極的に取り組んでいる。2014年7月に発売したクラフトビールブランド「SPRING VALLEY BREWERY」の立ち上げを皮切りに、同年9月には日本のクラフトビール市場のリーディングカンパニーであるヤッホーブルーイング社と資本業務提携するなど、国内におけるクラフトビール市場の拡大、浸透を図ってきた。この活動をさらに推進するために、KH社・KB社は、2016年年初より米国の代表的なクラフトビールメーカーであるBB社と日本及びブラジルにおける協業可能性を模索してきた。

今回、両社の「ビール造りにかける想い」や「お互いを尊重する企業風土」が一致し、BB社へのマイノリティー出資を含む資本業務提携を行うもの。

本提携により、KH社・KB社及びBB社は両社の持つ資産を活用し、日本及びブラジルにおいてクラフトビール市場をさらに活性化し、ビールをもっと魅力的なものとし、KH社・KB社はBB社の戦略パートナーとして同社の成長を支えていくとしている。