M&Aニュース検索

三越伊勢丹HD、オイシックスと食品宅配事業の合弁会社設立に向けて合意

  • 0
  • 2016年10月12日

百貨店事業の持株会社である三越伊勢丹ホールディングス(以下「三越伊勢丹HD」)【3099】は、子会社である三越伊勢丹が、有機・無添加食品などの通信販売を行うオイシックス【3182】と、食品宅配事業の合弁会社設立の検討を開始することについて合意したと発表した。

三越伊勢丹は、伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店といった日本を代表する百貨店を有し、常に顧客への新しい価値提供を追求している。

一方オイシックスは、2000年の設立以来、企業理念である「豊かな食生活をより多くの方へ」を実現するために、インターネットを活用して、有機野菜、自然食品、オーガニックフーズ、無添加物食品などの宅配を行っている。

両社は、2011年より三越伊勢丹グループが運営する食材宅配事業「エムアイDeli」のフルフィルメントをオイシックスが担う受託事業や、クイーンズ伊勢丹店舗へのOisixコーナーの展開など、幅広く提携してきた。

今回、両社のリソース、ノウハウを更に活用し、合弁会社の設立を中心に幅広い連携によるシナジー創出を実現すべく、合弁会社設立の検討について合意したもの。

今後、両社の強み・リソースを活かし、両社の成長に寄与する食品宅配事業の合弁会社の設立を目標に、プロジェクトチームにて協議を具体化していく予定。