M&Aニュース検索

3190

ホットマン、多賀城鳶屋書店の株式譲渡で合弁解消 経営資源集中へ

  • 0
  • 2016年10月11日

イエローハットグループでメガフランチャイジーのホットマン【3190】は、ホットマンとTSUTAYAとの共同出資で設立した合弁会社「多賀城蔦屋書店」(ホットマン 66.6%出資、TSUTAYA33.4%出資)について、ホットマンが保有する全株式をTSUTAYAに譲渡し、同社との合弁契約を解消すると発表した。なお、譲渡価額は非開示。これにより、多賀城蔦屋書店はホットマンの関係会社から除外される。

ホットマンとTSUTAYAは、ホットマンが現在運営中のTSUTAYA店舗(9店舗)のFC契約を結んでおり相互に店舗運営に関して良好な関係性を保ち店舗発展に対して協力的に推進している。今後のTSUTAYA事業の発展を考える上で、平成28年9月21日にオープンしたホットマン最大規模の「TSUTAYA 仙台荒井店」に経営資源を集中するべきと協議し発展的に合弁契約を解消することとなったもの。