M&Aニュース検索

ミネベア、岩崎電気と資本業務提携 両社の企業価値向上へ

  • 0
  • 2016年9月29日

ベアリングなどの機械加工品、モーター、計測機器などの電子機器部品の製造および販売を手掛けるミネベア【6479】は、岩崎電気【6924】との間で資本業務提携を実施すると発表した。

ミネベアは照明器具関連製品の拡販を掲げ、その一環として2014年から岩崎電気との協業で無線機能付きLED照明器具の開発を進めてきた。また、2015年には、ミネベアが、環境省による 「二国間クレジット制度(Joint Crediting Mechanism, JCM)を利用したプロジェクト設備補助事業」において、カンボジアにおける無線ネットワークを活用した高効率街路灯導入事業者としての採択を受けたことから、両社で共同開発した無線機能付き高効率LED道路灯・街路灯の カンボジアへの納入を進めている。

このような背景を受け、ミネベアが保有する光学技術・回路技術及び海外製造ノウハウと、岩崎電気が保有する道路照明の器具開発技術・照明設計技術を、これまで以上に密接に相互連携させることで、付加価値の高い次世代製品及びサービスの開発、コスト競争力のある価格の実現が図られるとして、岩崎電気との間で業務提携の協議を重ねてきた。

その結果、両社の業務提携により、スマートシティなどIoTに対応した次世代道路照明器具の開発、さらにはミネベアが保有する東南アジアを中心とする営業ネットワークと、岩崎電気が保有する日本全国の販売体制による同製品の広範囲な提供が可能となり、これらが両社の企業価値向上に繋がると判断したため、本資本業務提携を実施するもの。

また、今回の資本業務提携において、ミネベアは、岩崎電気が、ミネベアを割当先として、第三者割当増資による方法で行う自己株式処分により、岩崎電気が保有する自己株式3,000,000株を423,000,000円で取得し、岩崎電気の筆頭株主となる。