M&Aニュース検索

8060.1

キヤノンマーケティングジャパン、プロドローンに出資 ドローン市場参入へ

  • 5
  • 2016年9月7日

キヤノン製品の国内販売を行うキヤノンマーケティングジャパン(以下「キヤノンMJ」)【8060】は、産業用ドローンシステムの製造・開発を行うプロドローンの実施する第三者割当増資を引受けると発表した。なお、この増資に係る出資金額は、1億円。

プロドローンは、産業用ドローンのカスタマイズやソフトウェア提供を行う産業用ドローンシステムの国内有力メーカーで、機体設計やソフトウェア開発に関する高い技術力を保有している。産業用ドローンは農業、運送、インフラ点検、警備・監視など多岐にわたる分野での活用が進んでおり、関連市場は今後より一層の拡大が見込まれる。

一方キヤノンMJグループは、”イメージング&ITソリューション”による成長領域へのシフトと事業領域の拡大を推進しており、ドローンを活用した新たなソリューションの提供を目指している。

今回の出資に伴い、キヤノンMJはプロドローンと日本国内における販売契約を締結する。プロドローンのドローンにキヤノン製の映像入力機器を搭載し、高精細な画像データの取得による映像解析ソリューションや関連サービスを展開する予定。また、キヤノンMJはプロドローン製産業用ドローンの主たるディストリビューターとして、全国にドローン機材の提供と、関連するサービスとサポートを行う考え。