M&Aニュース検索

7974

任天堂、ジェスネットを子会社化 グループ全体としての競争力強化

  • 5
  • 2016年8月26日

ゲーム関連のハード・ソフトを開発製造する任天堂【7974】は、ゲーム関連卸のジェスネットの株式を取得し子会社化すること、及びジェスネットがアジオカよりビデオゲーム卸事業を譲受けることを発表した。なお、ジェスネットの株式取得価額は4530百万円。

任天堂はこれまで、ビデオゲーム機のメーカーとして、いまだかつてない楽しさを実現し続けるために、年齢・性別・過去のゲーム経験を問わず、誰もが楽しめる商品を提案してきた。

一方、ジェスネット及びアジオカはこれまで、長年にわたり任天堂の商材を取り扱う国内最大規模の専門商社として、ビデオゲーム機を中心に、全国的な物流ネットワークを基盤とした販売活動を行う会社である。

今回の子会社化及び事業譲受により、任天堂の商品開発力と、ジェスネット及びアジオカの持つ強固な仕入・販売網を一体化させ、顧客の要望にタイムリーに対応できる供給体制を整える。このように、商品の開発から供給に至るまでの一貫した体制を整え、意思決定を迅速に行うことで、販売サービスの一層の向上を実現させ、任天堂グループ全体としての競争力強化とさらなる企業価値向上を目指すもの。