M&Aニュース検索

東理HD、連結子会社の全株式を川金HDへ譲渡 ダイカスト事業から撤退へ

  • 4
  • 2016年8月26日

アルミダイカスト事業、食品流通事業、酒類製造事業、教育事業などを展開するグループの持株会社である東理ホールディングス(以下「東理HD」)【5856】は、連結子会社である東京理化工業所の東理HDが保有する全株式を、素形材事業、土木建築資材事業、産業機械事業を営む川金ホールディングス【5614】(以下「川金HD」)及び同社の代表取締役である鈴木信吉氏に譲渡すると発表した。なお、譲渡価額は80百万円。

東京理化工業所は、ダイカストの先進メーカーとして、自動車、二輪車、船外機の機能部品から通信・光学機器、産業機械、建材・事務機器、ガスメーカーまで幅広いダイカスト製品を製造・販売している。

今回、東理グループの中で将来的に大きなシナジー効果が見込まれないと判断、東京理化工業所の全株式を譲渡し、ダイカスト事業から撤退するもの。