M&Aニュース検索

7814.1

日本創発グループ、簡易株式交換によりソニックジャムを完全子会社化 企業価値向上へ

  • 3
  • 2016年8月17日

DTPサービス大手の持株会社である日本創発グループ【7814】は、同社を株式交換完全親会社、連結子会社で体験型インタラクティブコンテンツの制作を手掛けるソニックジャムを株式交換完全子会社とする株式交換を行うと発表した。

日本創発グループは、印刷関連の多様なソリューションを提供。グループ各社が専門とする技術及びノウハウと、最新設備を備えたグループインフラにより、クリエイティブニーズに応えている。また、ワンストップで様々なプロフェッショナルサービスを提供できるようグループ間の支援体制を整え、ソリューション営業の強化を図っている。

一方ソニックジャムは、WEBコンテンツを中心に、アプリ、デジタルサイネージ、AI、VR、AR、デバイス開発など体験型インタラクティブコンテンツの制作を主な業務としている。その技術力の高さ、斬新なデザイン性などから、各種広告賞を受賞するなど国内外で高い評価を得ている。

日本創発グループのサービスにソニックジャムの高付加価値なサービスが加わることで、両社それぞれが、顧客のクリエイティブニーズをトータルに提案できる機会が増加し、付加価値の高いサービス提供へと繋がることで売上増加が期待され、ソニックジャム及び日本創発グループ相互の企業価値の向上が図れるものとして、既にソニックジャムを子会社化しているが、今回、シナジー効果の最大化を目的として、ソニックジャムを完全子会社するもの。