M&Aニュース検索

エムスリー、インドにおける合弁事業開始 インターネットを利用した医療関連サービス展開へ

  • 2
  • 2016年8月16日

医療情報専門サイト「m3.com」等を運営するエムスリー【2413】は、インドにおけるインターネットを活用した医療関連サービスの展開を目的として、Healthcare at Home Private Limited(以下「HCAH」)と共同で合弁事業を開始することを目的とする契約を締結したこと、およびこれに伴いHealth Impetus Private Limited(HCAHの完全子会社、以下「HIPL」)の株式の一部を取得し子会社化したと発表した。

HCAHは、インド最大手消費財メーカーの1社であるDabur India Limited(以下「Dabur」)の創業者一族Burman Familyと、英国でハイテク訪問看護サービスを展開するHealthcare at Home, UK.(以下「HaH」)の創業者が設立したジョイントベンチャーである。Dabur及びBurman Familyのインドにおける卓越したブランドと医療・製薬業界における広範で質の高いネットワーク、過去数十社の海外企 業をインドに誘致した実績を活かして、英国で20年以上に亘りハイテク訪問看護サービスを提供したHaH創業者の経験とノウハウを基に、インドで高品質のハイテク訪問看護サービスを展開している。

HIPLはHCAHの子会社で、製薬会社をクライアントとして患者の服薬率上昇をサポートする各種サービスを提供している。2008年の創業以来、コールセンターや医療現場へのカウンセラー派遣等によ る服薬指導を中心に、患者の薬剤購入から服薬に至るまでの手間や負荷を軽減する様々なサービスを考案し、30社以上のインド大手製薬会社が様々な薬剤・疾患向けに利用しており、また、約10万人の医師データベースを保有している。

エムスリーは、日本において医療従事者専門サイト「m3.com」を運営しており、約25万人の医師会員に対して医学関連情報を配信し、製薬業界を中心にマーケティング支援サービスや治験支援サービス等を提供している。また、日本のみならず米国、英国、中国、韓国など海外への事業展開を積極的に進めており、全世界で350万人以上の医師会員・調査パネルを有し、そのメディア力を活かした製薬会社向けマーケティング支援サービス、調査サービス、医師転職支援サービス等を展開している。

今回エムスリーとHCAHは、エムスリーによるHCAHからのHIPL株式取得及びHIPLの増資引受を通じて、HIPLを合弁会社とした上で、両社で合弁事業を開始することを合意したもの。