M&Aニュース検索

恵庭開発、フォートレス・インベストメントに函館国際ホテル売却へ

  • 5
  • 2016年8月15日

ゴルフ場運営の恵庭開発(本社:北海道札幌市)が所有する函館市のホテル函館国際ホテルを米投資会社のフォートレス・インベストメント・グループに売却されることがわかった。売却額は非好評で売却は25日付け。

函館国際ホテルは、土地と建物を所有する経営会社として存続し、運営会社はフォートレス子会社のマイステイズ・ホテル・マネジメントに変更となるが、ホテル名は変更なく、従業員の雇用も維持される。

フォートレス・インベストメントは2015年にも北海道札幌市中央区のアートホテルズ札幌を加森観光(本社:札幌市)から取得しており、最高投資責任者トーマス・プリーは割安の不動産を取得し、改修などを通じて収益性のある不動産にする投資手法が主力と説明している。