M&Aニュース検索

2058

ヒガシマル、冷凍食品・惣菜製造のなかしまを子会社化 商品・サービスの拡充へ

  • 2
  • 2016年7月26日

クルマエビ養殖用配合飼料・養魚用配合飼料の製造・販売などを行うヒガシマル【2058】は、冷凍食品・惣菜製造のなかしまの全株式を取得し、子会社化すると発表した。

ヒガシマルは、水産事業(養魚用配合飼料の製造販売)及び食品事業(即席めん・乾麺等の製造販売)の両軸で事業を展開している。

今回、富山県産や国産を中心とした商材を活かした冷凍食品(エビ・イカ・ホタテ等の海産物や野菜を材料とした「かき揚げ」商品)及び惣菜の製造販売を行っているなかしまを子会社化することにより、ヒガシマルグループにおいて、水産事業で取り扱う食材の提供及び食品事業の冷凍食品の新分野で商品・サービスの幅が広がる可能性があると判断したもの。

また、冷凍食品市場は、高齢化の進展や節約志向による内食化傾向等を背景に、今後、成長が期待されることなどを含め、両社がこれまで培ってきた経営資源、販売チャネル及び強みを相互に活用することで、互いの競争力の高まりとともに、相乗効果が創出され、両事業の成長と企業価値の更なる向上に資するとの考え。