M&Aニュース検索

3785

コロプラ、株式交換によりエイティングを完全子会社化

  • 4
  • 2016年7月25日

スマートフォンアプリを中心とした国内・海外向けモバイルゲームサービスの提供を手掛けるコロプラ【3668】とエイティング【3785】は、コロプラを株式交換完全親会社とし、 エイティングを株式交換完全子会社とする株式交換を行うと発表した。

コロプラは、現在、将来が大きく期待されているVR(Virtual Reality:仮想現実)向けサービスの開発・提供に注力しており、VRデバイスの高機能化やデバイス保有者の増加に伴う市場の成長に合わせ、ゲームタイトルを充実させつつ、ゲーム以外の分野へも積極的な事業展開を行っている。

一方、エイティングは平成5年に設立され、ゲームセンター(アーケードゲーム)や家庭用 ゲーム機向けのゲームソフトの開発・販売を皮切りに、現在ではスマートフォン向けゲームアプリの開発・ 運用まで手掛けている。とりわけ家庭用ゲーム機向けゲームソフトの開発に関しては、国内外のゲームソフトパブリッシャー(ゲーム販売会社)からの多数の受託実績を強みとしており、工程管理や開発技術力について多くの知見を有し、ノウハウを蓄積している。

コロプラ及びエイティングは、協議・交渉を経て、互いの事業に相互補完的なメリットがあり、エイティングをコロプラの完全子会社とする今回の取引を通して、双方が創業以来積み上げてきたノウハウや技術等の経営リソースを幅広く、深く融合させることで、エイティングのみならず、コロプラグループの企業価値の向上にも大きな効果が発揮されるとの結論に至ったもの。

両社としては、具体的には①開発リソースの増強による事業拡大、②コスト削減による経営の効率化 、③財務基盤の強化・信頼性の向上、といった効果が期待され、今回の取引が成立した場合には、コロプラグループ全体として、更なる収益基盤の強化と企業価値向上が可能になるとしており、また、エイティング単体としても、ゲーム業界における市場動向の急激な変化に対応するための迅速かつ柔軟な意思決定が可能となり、コロプラの経営資源を生かした事業基盤の強化や、中長期的な視点に立った経営戦略の実行により更なる成長を図ることができるとしている。