M&Aニュース検索

三好食品工業、西日本シティ銀行などを引受先とした第三者割当増資実施

  • 3
  • 2016年7月7日

福岡県田川市で豆腐の製造・販売を行う三好食品工業は、西日本シティ銀行【8327】、日本政策投資銀行地域経済活性化支援機構およびドーガンが共同出資する「NCB九州活性化投資事業有限責任組合」を引受先とした第三者割当増資を実施すると発表した。なお、今回の増資による調達金額は、100百万円。

三好食品工業は、大正8年創業、昭和54年に法人設立した豆腐等大豆加工食品の製造販売会社である。九州地区トップクラスの生産設備を有しており、安定した製品供給力と高度な品質管理体制を通じ、取引先からの信頼を獲得し、業容を拡大している。

今回三好食品工業は、更なる受注に対応するための製造ライン増設にかかる成長資金を調達することにより、事業基盤の強化、資本増強による財務基盤の安定化を図るもの。