M&Aニュース検索

T&Cメディカルサイエンス、弁当販売のダイヤモンドムーンの株式取得 弁当事業の協業へ

  • 1
  • 2016年7月4日

医療関連事業・金融アドバイザリー事業を行うT&Cメディカルサイエンス(以下「T&C」)【3832】は、ダイヤモンドムーンの株式を20%取得し、T&Cの持分法適用会社とすると発表した。なお、取得価額は5百万円。

現在、食品業界で、中食と言われる弁当等の売上は大きく伸びている中、ダイヤモンドムーンが手掛ける「大勝軒」ブランドの中華弁当は、主にお弁当のフードコート「屋台デリ」で販売しており、売上を伸ばしていることから出店増を目指している。

現在の「大勝軒」ブランドの弁当は「たっぷりな量とこってりした味」が特徴で男性客が多いが、T&Cは、顧客層を広げ女性客や生活習慣病が気になる顧客向けに健康志向の弁当を販売することで、売上を拡大させる機会があると考え、健康志向の弁当を共同で開発することをダイヤモンドムーンに提案。

今後、T&Cはダイヤモンドムーンと共同で健康志向の弁当を開発するとともに、T&Cが弁当の製造を外部に委託し、ダイヤモンドムーンに弁当販売を委託するという、T&Cによる弁当販売を検討する。

T&Cは、ダイヤモンドムーンとの強固な関係を構築、弁当事業の早期の具体化を実現するべく、ダイヤモンドムーンに出資することで、持分法適用関連会社(出資比率20%)とするもの。