M&Aニュース検索

アジアゲートHD、新たに設立した孫会社を通じて岩手ホテルアンドリゾートへ投資

  • 4
  • 2016年6月23日

ゴルフ・リゾート事業、建設事業などを手掛けるアジアゲートホールディングス(以下「アジアゲートHD」)【1783】は、岩手ホテルアンドリゾート(以下「IHR」)の全株式を取得する投資ビークルである「Shanghe Limited」の100%親会社となる投資ビークル「Qiandao Limited」へ、投資用ビークルとして新たに設立した孫会社「Shang Xie Limited」を通じて20%の出資をし、アジアゲートHDからIHRへ取締役を派遣すると発表した。

今回の取引は、アジアゲートHDが20%、共同投資家が80%を負担してIHRの全発行株式を取得、IHRへアジアゲートHDから取締役を派遣し、IHRの経営成績を向上させることで投資収益を獲得することを目的としている。

取得を決定した株式の発行会社であるIHRは、東北地方屈指のリゾート地である岩手県安比エリアにおいて高いブランド力のあるスキー場、ホテル、ゴルフ場を有している。これら施設の運営事業がアジアゲートグループに加わることで、アジアゲートグループの既存顧客に対する新たな価値の提供、新規顧客層の開拓への寄与、多様化するアジアを中心としたインバウンド顧客のニーズに対応する重要な役割が期待できることから、IHRの株式取得を決定したもの。