M&Aニュース検索

カオナビ、大和企業投資などを引受先とした第三者割当増資実施 サービス拡充・マーケティング強化へ

  • 6
  • 2016年6月15日

クラウド人材管理ツール「カオナビ」を提供するカオナビは、大和企業投資および日本ベンチャーキャピタルが運営する各ファンドを引受先とした第三者割当増資を実施したと発表した。この増資による調達金額は、約3億円。

「カオナビ」は、顔写真が並ぶシンプルな画面で人材情報を共有、クラウド上で人材情報を一元化できるツールである。2012年4月のサービス開始以降、導入企業数が順調に増加、これまでIT・Webサービス業をはじめ飲食・外食業、アパレル・流通業、保育業、スポーツ業界など多様な業種に導入され、社員数10000名を超える東証一部上場企業から社員数十名のベンチャー企業まで、あらゆる企業規模における人材マネジメントのニーズに応えている。

今回の資金調達により、サービスプラットフォームの刷新や新機能開発などのサービス拡充に努めるほか、マーケティング活動をさらに強化して認知拡大を積極的に推進し、2019年3月末までに1000社への導入を目指す考え。