M&Aニュース検索

8001

伊藤忠商事、米国のオーディオ据付会社を買収 医療関連サービス事業の拡大へ

  • 1
  • 2016年6月10日

総合商社大手の伊藤忠商事【8001】は、米国子会社のTelerent Leasing Corporation(以下「TLC」)を通じ、米国においてAudio & Visual機器(テレビ会議システム、デジタル表示機器等)の設計・施工事業を展開するDigital Networks Group(以下「DNG」)を買収すると発表した。

伊藤忠商事は、国内外における医療機器販売、病院PFI事業(民間資金を活用し病院の設計・建設・機器類調達・運営を行う事業)、医薬品臨床開発・販売支援、健康診断予約・清算代行等の医療周辺サービスに取組んでいる。

米国医療業界においては、病棟・病室向けのテレビ・ディスプレイの普及が進んでおり、医療機関向け・患者向けのサービスの更なる拡充が見込まれる。また、医療機関における電子カルテ導入が拡大傾向にあり、今後電子カルテや部門システムとの連携を図ったディスプレイ機器等の需要増加が想定され、医療費削減を目的とした遠隔医療システムの導入等、医療機関向けAudio & Visual機器市場の急速な拡大が見込まれている。

TLCは病院向け表示機器の販売・据付け事業において全米トップシェア(約40%)を持ち、2500病院以上の顧客基盤を保有、2012年からはAudio & Visual機器の設計・施工事業にも参入。

今回買収するDNGは、医療・教育・政府部門のAudio & Visual機器の設計・施工事業における大手企業であり、今回の買収によって、設計・施工から販売・据え付けに至る一貫したサービスの提供が自社ネットワークの中で可能となる為、更なる事業拡大が見込まれると判断したもの。