M&Aニュース検索

セレス、ゆめみと資本業務提携 O2Oサービス拡大へ

  • 11
  • 2016年6月9日

ポイントサイトの運営を行うセレス【3696】は、ゆめみの株式を取得し、同社を持分法適用関連会社化すること及び同社との間で資本業務提携を行うと発表した。

セレスは、スマートフォン端末をメインデバイスとするモバイルインターネットメディアを企画・開発し運営することを主業としており、利用者に対して現金や電子マネー等に交換可能なポイントをインセンティブにインターネット上の様々なアクションを促し収益を得ている。国内最大級のスマートフォン向けポイ ントサイトであるモッピーに加え、モバトクとお財布.comを運営しており、また、中期的にはスマートフォン端末と自社ポイントメディアを活用したO2O(Online to Offline)ビジネスへ進出することによ り、事業拡大を図っていく経営戦略となっている。

一方、ゆめみは設立当初から、モバイルにおけるリーディ ングカンパニーとして、マーケティング支援やリアルと連動するサービスの構築を展開してきた。ゆめみでは、大手飲食店チェーンやアパレル企業向けのO2O・オムニチャネル支援及び大手メーカーとIoT(Internet of Things)関連のサービス開発を行っている。フィーチャーフォンはスマートフォンへと替わり、連携する外部デバイスも増えていく中で、O2Oに関するノウハウを生かした「オムニチャネル・イ ンテグレーション」と、IoT・ウェアラブルを含めた「デバイス連携」の2つを事業ドメインとして、One to Oneコミュニケーションの実現に取り組んでいる。

今後、セレスが顧客企業に対して新しいO2Oサービスの開発・提供を行うために、オムニチャネルにおけるリーディングカンパニーであるゆめみとの間で資本業務提携を行うもの。