M&Aニュース検索

ガイアックス、スペースシェアサービスの軒先へ出資

  • 4
  • 2016年6月7日

ソーシャルメディア・シェアリングサービス事業を手掛けるガイアックス【3775】は、空きスペースを商用貸出できるスペースシェアサービス「軒先ビジネス」や、駐車場シェアサービス「軒先パーキング」を運営する軒先への出資を決定したと発表した。

軒先ビジネスは、誰でも簡単に1日からお店やイベントを開けるスペースを探せる、空き スペースのマッチングサービスで、1日単位でお店を開くことができ、敷金、礼金などの初期費用を抑えることで、これまでの起業環境の改善を図ることを目指している。

軒先パーキングは、駐車場を所有しているオーナーと、外出先で駐車場を利用したいユーザーをマッチングする、駐車場予約サービス。オーナーは、駐車場の空き時間を登録するだけで、所有する駐車場を空き時間のみ予約可能なコインパーキングとして貸し出すことができる。

軒先は今回の資金調達をもとに、JAFや日本駐車場開発といった法人と更に業務・資本提携を強化するとともに、Webサイトのリニューアルやアプリ開発に取り組んでいくとしている。

ガイアックスグループとしてはこれまでにシェアリングエコノミーファンドの設立や地域体験マッチングサイト「TABICA」、長距離ライドシェア 「notteco」、外国人が教える家庭料理教室サービス「Tadaku」などを展開し、シェアリングエコノミー分野への出資・事業展開に注力してきた。今後もシェアリングエコノミーが持つ可能性豊かな社会の実現のため、日本全体のシェアリングエコノミー業界躍進に努めていく考え。