M&Aニュース検索

2928.2

健康コーポレーション、会社分割により持株会社体制へ グループ間シナジー最大化とガバナンス強化

  • 4
  • 2016年5月19日

美容・健康関連の通販、減量ジム「RIZAP」の運営を行う健康コーポレーション【2928】は、美容・健康食品の通販事業を新たに設立する健康コーポレーションに承継させることで純粋持株会社制に移行し、同時に現健康コーポレーションの商号を「RIZAPグループ」に変更する方針を発表した。

健康コーポレーショングループは圧倒的な成長速度で会員数5万名を突破した『RIZAP』や、『どろあわわ』などヒット商品を多数有する美容・健康食品の通販事業に加えて、『RIZAP GOLF』などRIZAPブランドでの新規事業を展開している。また、M&Aによりアパレル関連事業、住関連ライフスタイル事業及びエンターテイメント事業を展開。さらに個別戦略として、『医療分野への進出』、『海外への本格進出』、『成長基盤の一層の強化』を掲げている。

こうした中、中期経営計画で掲げた連結売上高3000億円、営業利益350億円の目標達成を確実に実現していくためには、持株会社体制に移行し、グループ全体戦略の構築と実行、グループシナジーの最大限発揮、グループ全体の最適なリソース配分、M&A を含む機動的な事業再編、コーポレート・ガバナンスの強化を図っていくことが必要と判断したもの。