M&Aニュース検索

8133

伊藤忠エネクス、フィリピンにおけるLPガス販売事業への出資

  • 1
  • 2016年5月13日

エネルギー商社の伊藤忠エネクス(以下「エネクス」)【8133】は、伊藤忠商事【8001】と共同でクリージアエナジーホールディングス(以下「クリージア」)を設立し、伊藤忠商事が保有するフィリピンLPガス販売事業会社であるIsla Petroleum & Gas Corporation(以下「IP&G社」、Isla Petroleum & Energy 60%、伊藤忠商事 40%)の持分株式の譲渡を受け、フィリピンにおけるLPガス販売事業へ参画すると発表した。

今後、伊藤忠商事とエネクスは、クリージアを通じて、伊藤忠グループとしての総合力を発揮することでフィリピンのLP ガス販売事業のさらなる強化・拡大を図っていく方針。

IP&G社は2011年8月に伊藤忠商事が現地パートナーのIsla Petroleum & Energy社と共に設立した合弁会社で、SHELLフィリピンのLPガス事業を買収し、自社ブランド「Solane」を掲げ、LPガスの輸入から卸・小売販売事業を展開している。

フィリピンは人口が1億人を突破 し、今後も経済成長・人口の伸びが期待される成長市場である。島嶼国という特性から、運搬が容易なLPガスは、導管の敷設が必要な都市ガスと比べて普及に優位な燃料であり、昨今の資源価格安の追い風もあり、各家庭におけるLPガス普及の加速も期待されている。

伊藤忠商事及びエネクスは、伊藤忠商事が培ってきたエネルギー分野における海外トレード・ 事業経営の知見、及びエネクスが培ってきたLPガスの卸・小売販売の知見を結集し、IP&G社の企業価値向上に取り組んでいく考え。