M&Aニュース検索

デンカ、インドネシアの建設資材メーカーを子会社化 アジア地域に根差した事業展開へ

  • 7
  • 2016年5月16日

合成樹脂、樹脂加工製品を扱うデンカ【4061】は、東南アジアにおける特殊混和材事業会社であるDenka Infrastructure Malaysia Sdn. Bhd.(以下「DISB」)が、インドネシアの建設資材メーカーPT ESTOP INDONESIA(以下「PTEI」)の株式を追加取得し、PTEIを子会社化すると発表した。なお、取得価額は約90百万円の予定。

デンカグループは、インフラ投資需要の旺盛な東南アジア地域を、特殊混和材海外事業の中核地域と位置づけて、土木・建築両面での品揃えや施工を含めた販売網の拡充など、世界大手建設資材メーカーと競合できる体制構築を推進している。

今回の子会社化により、東南アジアの中でも市場が大きく、今後も発展が見込まれるインドネシアに初の生産・販売の拠点を獲得し、地域のニーズや情況に合わせた、よりきめ細やかな対応を迅速に図るもの。