M&Aニュース検索

ミネベア、独子会社が仏の産業用計量機器メーカー2社を完全子会社化 仏でのシェア拡大へ

  • 1
  • 2016年5月13日

機械加工品や電子機器を扱うミネベア【6479】は、子会社であるドイツのSartorius Mechatronics T&H GmbH(以下「SMTH」)が、フランスの産業用計量機器製造販売の非公開会社AaZ Pesage(以下「AaZ」)、およびCentre Pesage(以下「Centre」)それぞれの全株式を取得すると発表した。

AaZは、様々な計量手段や独自設計のハカリ等、高度な顧客支援ノウハウを有しており、主要顧客は食品加工、リサイクル、医薬品である。Centreは、トラックスケールや様々な計量手段等に強みを持ち、農業、環境/リサイクルおよび医薬品を主要顧客としている。

今回の子会社化により、ミネベアおよびSMTHの製品を、AaZおよびCentreの顧客にも販売することが可能となる。計量システム化の為のソフトウエア・ハードウエアを統合して効率化を図りながら、製品ラインナップによる競争力を増大させるとともに、今後も成長が期待される食品加工、衛生製品および医薬品業界向けの市場におけるフランスでのシェア拡大を目指すもの。