M&Aニュース検索

2174

GCAサヴィアン、欧州の独立系M&Aアドバイザリーファームを完全子会社化 グローバルでの成長を加速

  • 9
  • 2016年5月9日

独立系M&A専業アドバイザリーファームであるGCAサヴィアン【2174】は、欧州の独立系M&AアドバイザリーファームであるAltium Corporate Finance Group Limited(以下「アルティウム」)を完全子会社化することによる同社との経営統合を目的として、アルティウムの発行済株式の全部を取得すると発表した。この経営統合は、GCAサヴィアンの完全子会社であるGA株式会社が、アルティウムの全株式を現物出資により取得した上で、GCAサヴィアンを株式交換完全親会社、GAを株式交換完全子会社とする株式交換を行うことにより実行される。この株式交換の効力発生日をもって、GCAサヴィアンは、商号をGCAに、またアルティウムはGCA Altium Corporate Finance Group Limitedに、それぞれ商号を変更する予定。

今回の経営統合により、GCAサヴィアンは、欧州において海外展開の重要なプラットフォームを確立するとともに、グローバルで10か国14拠点を有することになり、急速に増加する海外クロスボーダー案件へ対応し、グローバルでの成長を加速する。

アルティウムについては、特にテクノロジー等の成長セクターに強く、米国西海岸に拠点を有するGCAサヴィアンの米国法人とのシナジー効果を期待することができる。

同社を子会社とすることで、GCAサヴィアンは世界の上場独立系M&Aアドバイザリーファームとして第7位の売上規模となり、欧米の有力独立系M&Aファームとの競合が可能となると判断、また、欧米のみならず、グローバルに事業を展開する日本企業においても、GCAサヴィアンが欧州拠点を持つことにより、より高付加価値なM&A案件の実行サポートを提供し、日米及び日欧のクロスボーダーM&Aをシームレスな形でフルサポートできる体制の構築が可能になると判断したもの。