M&Aニュース検索

アドヴィックス、アイシン精機など3社を引受先として第三者割当増資実施

  • 1
  • 2016年5月6日

アイシン精機【7259】、デンソー【6902】、住友電気工業(以下「住友電工」)【5802】、トヨタ自動車(以下「トヨタ」)【7203】は、4社の合弁会社であるアドヴィックスが実施する増資および持株比率の変更について合意した。なお、増資額は10338百万円。

アイシン精機、デンソー、住友電工は自動車部品の製造を手掛け、トヨタは自動車の製造・販売を行っている。

アドヴィックスは、自動車用ブレーキシステムおよびそのシステムを構成する部品の開発・生産を行っている。

4社とアドヴィックスは、2014年11月、ブレーキ事業競争力強化をねらいとし、アドヴィックスへの事業集約について合意、この事業再編を推進するなかで、従来のブレーキ開発の効率化を図るとともに、ブレーキ分野における自動運転等の先進技術の高度化への対応を目的に、アドヴィックスの事業基盤強化に向けた増資が必要と判断し、第三者割当増資をアイシン精機、デンソー、トヨタの3社で引き受ける。あわせて、住友電工からデンソーへの株式譲渡を行い、持株比率を変更するもの。