M&Aニュース検索

3851

日本一ソフトウェア、フォグの株式取得 企業価値向上へ

  • 14
  • 2016年4月22日

コンピュータソフトウェアの開発・製造・販売を手掛ける日本一ソフトウェア【3851】は、ゲームソフトの開発及び販売事業等を運営するフォグの全株式を取得し、同社を子会社とすると発表した。なお、取得価額は13百万円。

日本一ソフトウェアグループは、「Entertainment for All」というビジョンのもと、あらゆるエンターテインメント分野で活躍できる企業、強いコンテンツを産み出せる企業、世界を舞台に活躍できる企業を目指し、ビジネスを展開している。

一方、フォグは、平成8年の創業以来、ゲームソフトの開発及び販売を主な業務としており、特にアドベンチャーゲームソフトのジャンルにおいて多くの 実績を有する会社である。

今回、日本一ソフトウェアグループは、フォグの株式取得により、アドベンチャ ーゲームソフトの開発等、事業拡大および企業価値の一層の向上を図っていく考え。