M&Aニュース検索

3632

グリー、連結子会社ポケラボを会社分割 開発リソースを新規タイトルに集中

  • 1
  • 2016年4月22日

携帯向けゲーム「GREE」を運営するグリー【3632】は、平成28年5月31日を効力発生日として、連結子会社であるポケラボ(以下「旧ポケラボ」)の主力既存2タイトル以外の事業を吸収分割により、グリーが新設する子会社ポケラボ(以下「新ポケラボ」)に承継させるとともに、吸収分割後の旧ポケラボ(効力発生日以降の商号:マイネットゲームス)の全株式をスマートフォン向けオンラインゲームの開発・運営を行うマイネット【3928】に譲渡すると発表した。

旧ポケラボは、モバイルソーシャルアプリの企画・開発・運営を行う、グリーの100%子会社であり、「戦乱のサムライキングダム」(iOS/Android)をはじめとするヒット作を生んできた。

しかしポケラボの更なる収益力向上には、ギルドvsギルド等ポケラボが得意とするゲームシステムを中心とした新規タイトルの開発に注力する必要があり、社内の開発リソースを当該新規タイトル開発に集中して振り向けるため、吸収分割により旧ポケラボに既存2タイトル「戦乱のサムライキングダム」「三国INFINITY」の運営事業を残し、その株式の売却を行うもの。

なお、旧ポケラボの全ての従業員及び開発中の全てのタイトルについては、新ポケラボが引継ぎ、引続きグリーグループに留まりながら新規タイトルのリリースを行う。