M&Aニュース検索

じげん、エリアビジネスマーケティングを子会社化 クロスセルシナジー創出へ

  • 422
  • 2016年4月19日

ライフメディアプラットフォーム事業を手掛けるじげん【3679】は、エリアビジネスマーケティング(以下「ABM社」)の発行済株式の100%を取得し、連結子会社化すると発表した。なお、取得価額は300百万円。

ABM社は全国の不動産売買・仲介業者を顧客にウェブサイトの制作事業及びSEO、SEM等を通じた集客支援事業を営んでおり、制作報酬型+成果報酬型(応募件数、反響件数連動)の課金体系を採用している。ABM社は効率的な事業構造から高い採算性を確保しており、また、年間の顧客解約率は10%未満と、費用対効果の高いマーケティング手法が評価されている。

じげんが不動産賃貸物件情報サイト「賃貸スモッカ」や不動産活用の総合比較サイト「マイスミ EX」といった不動産関連事業で培ったウェブマーケティングのナレッジや顧客基盤を活用することで、クロスセルシナジーの創出や、ABM社の集客力強化、営業力強化、業績拡大を目指すもの。