M&Aニュース検索

アクセンチュア、IMJの株式過半取得で合意 デジタル関連サービスを拡大へ

  • 3
  • 2016年4月12日

コンサルティング大手のアクセンチュアは、デジタルマーケティング事業を展開するアイ・エム・ジェイ(以下「IMJ」)の株式の過半を取得することで合意した。

アクセンチュアは、世界最大の経営コンサルティングファームであり、様々な分野・産業に対し戦略、業務、ITなどのあらゆるコンサルティングを提供している。また、IBMやヒューレット・パッカードに次ぐ、システムの設計、開発、運用等を手がけるITサービス企業でもある。

IMJはデジタルマーケティング領域における国内屈指の企業で、様々な顧客に対し包括的なデジタルマーケティングサービスを提供している。IMJの強みは、デジタル戦略の立案、コンテンツの設計・開発、デジタルマーケティング施策によるユーザー獲得支援、キャンペーン管理、データ分析などの多様なマーケティング機能と、それらを支えるクリエイティブを最適に組み合わせた独自のサービスにある。

この株式取得により、アクセンチュアとIMJが持つ、優れたクリエイティブ性、先進的なデジタルテクノロジーの専門知識、およびコンサルティング能力が融合され、戦略から実行までを一貫して提供できる体制が整うもの。