M&Aニュース検索

3116

トヨタ紡織、欧州における事業再編 内装事業の一部売却

  • 3
  • 2016年4月7日

大手自動車部品メーカーのトヨタ紡織【3116】は、連結子会社である紡織オートモーティブヨーロッパ、紡織オートモーティブポーランド、紡織オートモーティブチェコの3社の全株式売却、およびトヨタ紡織ヨーロッパのミュンヘン支店の一部事業を売却するとともに、内装事業のうちドアトリム事業の一部については、 売却先と合弁会社を設立し、事業を継続すると発表した。

トヨタ紡織は、将来に向けた持続可能な成長を実現するため、2016年度末までを「足元固め」の期間と位置づけ、収益構造改革を進めてきたが、欧州事業の一部については苦戦が続いており、事業再編などの収益性向上施策の検討を実施してきた結果、 今後の損失の拡大を回避することを目的に、上記3社の全株式およびトヨタ紡織ヨーロッパの ミュンヘン支店の事業のうち、自動車シート事業を除く内装事業を売却することを決議したもの。

なお、トヨタ紡織の独自開発生産技術である「天然繊維同時成形技術」を活用したドアトリム 事業については、売却先と合弁会社を設立し、両社の開発能力と既存の顧客関係を活かし、今後の発展を目指す考え。