M&Aニュース検索

sanmax

ミナトHD、サンマックス・テクノロジーズを子会社化 連結業績向上へ

  • 44
  • 2016年4月1日

ミナトホールディングス(以下「ミナトHD」)【6862】は、サンマックス・テクノロジーズの全株式を、ミナトHD100%出資の特別目的会社(以下「SPC」)を通じて取得することにより、子会社化すると発表した。なお、取得価額は1500百万円。

サンマックス・テクノロジーズは、 主としてDIMM(Dual Inline Memory Module)と呼ばれる産業機器用途向けコンピュータ記憶装置の製造・販売ノウハウを持ち、当該装置の製造を海外メーカーに委託して国内外で販売し、大手電機メーカーや半導体デバイス商社等との取引を中心に、安定した収益をあげている。

ミナトHDは、デバイスプログラマ事業部門がROMの書込み装置の製造・販売およびROM書込みサービスを主体としていることから、株式取得により、①ミナトHDと本件対象会社との間で、半導体関連分野における事業領域の拡大・複線化の実現が期待され、②両社の複数の取引先が重複しているためそれぞれの取引先に対してこれまで保有していなかった商品を薦めて売上高を伸ばすクロスセルの可能性もあり、また、③本件対象会社がミナトHDグループに加わることにより、ミナトHDの連結業績が向上し、結果として資本市場か らの評価も改善する可能性があると考え、本件対象会社の全株式を取得することとなったもの。