M&Aニュース検索

main160301_01

パル、会社分割により持株会社体制へ移行 グループ運営体制構築

  • 5
  • 2016年3月29日

婦人服・紳士服のパル【2726】は、平成28年9月1日(予定)を効力発生日として会社分割の方式により持株会社体制へ移行すること、及び平成28年4月上旬(予定)に分割準備会社として100%出資の子会社を設立すると発表した。

また、パルは平成28年9月1日付で「株式会社パルホールディングス」(予定)に商号を変更し、引き続き持株会社として上場を維持する予定としている。

パルは、更なる成長のため、より一層の経営のスピード化を図り、機動的かつ柔軟な経営判断を可能にするグループ運営体制を構築することが望ましいと判断し、持株会社体制へ移行する方針を決定したもの。

また、各事業会社の経営を有為な人材に担わせることにより、次世代の経営人材を育成するとともに、グループの企業価値をさらに向上させるため、M&Aも含めて、新たな成長分野に対して積極的にグループ経営資源の配分を行っていく考え。