M&Aニュース検索

1916

日成ビルド工業、コマツハウスを子会社化 事業拡大へ

  • 2
  • 2016年3月24日

建設事業等の日成ビルド工業【1916】は、コマツハウスの株式を取得し、子会社化すると発表した。なお、取得価額は5610百万円。

日成ビルド工業は、「土地開発」「建設」「運用」「ファシリティ・マネジメント」「メンテナンス」「リニューアル」のワ ンストップソリューション体制を確立し、グループ各社の情報を「建設」へと繋げることでそれにかかる事業の底上げと、収益安定型であるストック型ビジネスの拡大と、その両輪をもって持続的な成長を目指している。

コマツハウスは、小松製作所のグループ会社として、プレハブハウス及びユニットハウスの製造・販売・レンタルを全国規模で事業展開している。特に、大手ゼネコンに対して多数の取引実績を有しており、現場事務所や作業員向け宿舎の建築工事に強みを有している。

今回の子会社化により、両社の販売チャネルや両社が強みを持つ自社商品・サービスを相互に活用することで、互いに受注機会の拡大が見込め、企業価値増大を図ることができるものとしている。