M&Aニュース検索

キャプチャ

大木ヘルスケアHD、子会社が吸収合併 グループ経営効率化へ

  • 3
  • 2016年2月5日

持株会社の大木ヘルスケアホールディングス【3417】の100%子会社である大木は、4日、100%子会社である健翔大木を平成28年4月1日付で吸収合併すると発表した。

健翔大木は、大木の100%出資子会社として、広島県を拠点に中国地方における医薬品等の卸売業を行っている。

大木グループは、中国地方におけるネットワーク網強化を通じて総合力の強化を行ってきたが、経営資源を集中させ連携を強化すること、及びグループ経営の合理化、効率化を図ることを目的として、健翔大木を吸収合併するもの。