M&Aニュース検索

イード、ディノス・セシールと業務提携し「保険ゲート事業」譲渡

  • 2
  • 2016年2月3日

メディア事業を手掛けるイード【6038】は、ディノス・セシールとの間で包括的業務提携に関する基本合意及び、その具体案として平成28年5月30日を以って、ディノス・セシール社に対して、コンテンツマーケティングプラットフォーム事業(CMP事業)のWebメディ アの一つである「保険ゲート」を事業譲渡すると発表した。

イードでは、CMP事業として、30以上と多岐にわたるWebメディア・サービスを運営し、加えて日本の主要なポータルサイト・専門サイトへ多数のコンテンツ提供を行っている。さらに、コンテンツマーケティングソリューション事業(CMS事業)として、EC事業者向けショップ運営ASP システム『marbleASP』など、ECソ リューションを提供している。

一方、ディノス・セシール社は、主力事業として「ディノス」「セシール」の2つのブランドで、カタログのほか、Web も主要なチャネルとして、通信販売事業を展開している。また、その他では、保険代理店事業 も行っており、特に「セシール」においては、長年の通販ビジネスにより蓄積された顧客データベースや、 コールセンターなどの通販フルフィルメントをその基盤としている。

今回、包括的業務提携の基本合意に至ったことで、総合通販であるディノス・セシール社では、イードが持つWebメディア力によって、既存ECビジネスの活性化と新機軸のEC事業への取組み、イードは、ディノス・セ シール社が長年培った、通販ノウハウ・インフラ等を活用した、新たなWebメディア展開など、それぞれの強みを活かした様々なWeb関連事業におけるコラボレーションを通じ、顧客への新たな価値やサービス提供による、相互の企業価値向上を目指す考え。