M&Aニュース検索

三菱重工業、環境装置関連の事業を集約 アフターサービス事業拡大へ

  • 3
  • 2016年1月12日

総合重機の三菱重工業【7011】と三菱日立パワーシステムズ(以下「MHPS」)は、三菱重工グループの三菱重工環境・化学エンジニアリング(以下「MHIEC」)が手掛ける脱硫装置の国内アフターサービス事業と、三菱重工メカトロシステム(以下「MHI-MS」)が手掛ける水処理装置事業を、MHPSグループの三菱日立パワーシステムズ環境ソリューション(以下「MHPS-ES」)に4月1日から移管することで合意したと発表した。それを受け、MHPS-ESは、MHIECおよびMHI-MSとそれぞれ分割基本契約を締結した。

今回のMHPS-ESへの事業移管は、AQCS(AirQualityControlSystems:大気環境対策システム)製品機種のフルライン化を実現したMHPSグループが、次のステップとして、AQCSバリューチェーンの更なる充実とアフターサービス事業の拡大を目的として行うもの。

MHPS-ESは、2015年10月に営業を開始した集じん装置専業会社。MHI-MSと日立プラントコンストラクションがそれぞれ手掛けていた集じん装置事業を統合してスタートしたMHPS100%出資子会社で、MHPSグループが製品機種のフルライン化を実現して展開する多様なAQCS事業の一翼を担っている。

MHIECとMHI-MSはともに三菱重工の100%出資子会社。このうち、MHIECは環境・化学・各種プラントの総合エンジニアリング事業会社。また、MHI-MSは、ITS(高度道路交通システム)、油圧・機械、メカトロ製品、立体駐車場および鉄構プラントなどの幅広い製品の設計・製作・据付・アフターサービスを手掛けている。