M&Aニュース検索

3402

東レ、ボナックの第三者割当増資を引き受け

  • 39
  • 2016年1月7日

大手化学企業の東レ【3402】とボナックは、特発性肺線維症を対象としてボナックが創製した核酸医薬品「BNC-1021(ボナック開発コード)/TRK-250(東レ開発コード)」について、2015年12月25日に、日本をテリトリーとしたライセンス契約を締結したと発表した。

東レは2015年12月29日付けでボナックの第三者割当増資を引き受けた。今回の提携を通じて、東レとボナックは日本における本剤の開発および実用化を推進し、医療産業に貢献することを目指す考え。

核酸医薬品とはDNA(デオキシリボ核酸)やRNA(リボ核酸)の働きを利用して、病気を引き起こす遺伝子やタンパク質に作用するタイプの医薬品で、副作用を低減した新たな治療薬となる可能性があることから、次世代の医薬品として近年注目されている。