M&Aニュース検索

シャープ、シャープ新潟電子工業の株式を譲渡 子会社の企業価値向上へ

  • 5
  • 2015年12月24日

総合家電メーカーのシャープ【6753】は、22日、連結子会社であるシャープ新潟電子工業(以下「シャープ新潟電子」)の株式全部を、シャープ新潟電子の取締役社長である岡﨑淳氏のほか経営陣等及びシャープ新潟電子に譲渡する基本合意書を締結したと発表した。

シャープ新潟電子は、電卓、ワープロ、携帯情報端末、電子レジスタ、ノートパソコン等を生産、平成18年からはソーラー関連事業に参入、現在は太陽光発電用パワーコンディショナ、照明用電源、LED照明等を主に生産している。

シャープ新潟電子経営陣等より、シャープが保有するシャープ新潟電子株式を当該経営陣等のほか同社による自己株式取得にて100%購入したいとの提案があったもので、株式譲渡により、シャープ新潟電子の経営の自由度を向上させ、同社の企業価値向上に寄与することが期待されることから、基本合意へと至った。