M&Aニュース検索

2002

日清製粉グループ、ジョイアス・フーズを子会社化 中食・惣菜事業強化へ

  • 1
  • 2015年12月22日

持株会社の日清製粉グループ本社【2002】は、22日、関連会社であるトオカツフーズとともに、ファミリーマートの調理麺等のサプライヤーであるジョイアス・フーズの株式をファミリーマートの100%子会社である日本フレッシュサプライから譲り受けると発表した。

今回の株式取得により、ジョイアス・フーズは日清製粉グループ本社の子会社となる。

日清製粉グループ本社は、中食・惣菜事業を成長分野の一つと位置付け、グループの主力事業に育てるべく取り組んでおり、平成24年にトオカツフーズと資本提携を行っているが、中食・惣菜事業のより一層の拡大に資するとの判断から、ト オカツフーズとともに本株式取得を実施する。

ジョイアス・フーズは、関東、関西の2工場を通じて、ファミリーマー トの調理麺等のサプライヤーとして事業を展開しており、今回の株式取得により、日清製粉グループの中食・ 惣菜事業の一層の基盤強化を図る考え。