M&Aニュース検索

光通信、MRTと資本・業務提携および合弁会社設立 企業価値向上へ

  • 8
  • 2015年12月7日

光通信【9435】は、MRT【6034】との間で、資本・業務提携及び合弁会社設立を行うと発表した。

MRTは、「医療を想い、社会に貢献する。」を企業理念に、独自のテクノロジーを活用した医療プラットフォームを提供し、現在は関東エリア・東海エリア・関西エリアの大都市圏を中心に事業を展開している。一方光通信グループは、主力事業の一つとして会員数1,000万人超を誇る『EPARK』ブランドで飲食店・医科歯科・美容院の予約・送客サービスを中心としたソリューション事業や広告代理店事業を展開している。

今回、MRTが実施する第三者割当増資を光通信グループが引受けること、およびMRTと光通信グループが合弁会社を設立することで、両社それぞれが持つ強みを相互に提供し合い、その相乗効果・シナジー効果を最大限に活かした一般消費者向け医療サービス体制を構築することが可能となり、両社の企業価値向上につながるとしている。

この業務提携の一環として、光通信グループはMRTと医科歯科の予約・送客サイトを運営する合弁会社を設立する。MRTの医師ネットワーク及び医療業界におけるノウハウと光通信グループの強みである営業力を総合的に組み合わせ、『EPARK』会員を含む一般ユーザーがエリア、 時間、診療科目、独自情報などから診療を希望する全国の医科歯科を予約できるシステムを構築し、業 界のトップシェアとなるサイト運営(ユーザーと医療機関(医科歯科)を繋ぐプラットフォーム)を目指す考え。