M&Aニュース検索

パナホームリフォーム、パナソニックへ第三者割当増資を実施 リフォーム事業強化

  • 1
  • 2015年12月2日

大手総合電機メーカーのパナソニックは、リフォーム事業を展開するパナホーム【1924】の100%子会社である「パナホーム リフォーム」に2015年12月15日付で49%の出資を行い、その後、2016年4月1日付で社名を「パナソニック リフォーム」に変更すると発表した。

パナソニックによるパナホーム リフォームへの出資と社名変更を実施することで、リフォーム事業におけるブランドが一本化され、事業の展開が可能になるとの認識で一致したもの。両社が国内の住宅市況において、今後拡大するストック市場、リフォームの市場競争に対応するため、リフォーム事業を強化推進する。

パナホーム リフォームが第三者割当により新株式(普通株式)768株(払込金額:192億円)を発行し、パナソニックがその総額を引き受ける。これにより、パナソニックのパナホーム リフォームに対する持株比率は49%、パナホームのパナホーム リフォームに対する持株比率は51%となる。