M&Aニュース検索

丸善CHIHD、子会社の丸善と雄松堂書店を合併 組織体制強化へ

  • 8
  • 2015年12月1日

書籍及び雑誌等の販売を手掛ける丸善CHIホールディングス【3159】は、26日、完全子会社である丸善と、雄松堂書店を合併すると発表した。

丸善と雄松堂書店は教育・学術関連事業において、とくに洋書を中心とした書籍販売でそれぞれ高いブランド力を有しており、丸善は全国の高等教育機関、各種研究機関への営業ネットワークを、雄松堂書店は専門性の高い研究者向けコンテンツの調達力・開発力を強みとしている。

両社を合併し経営統合することで、これまで以上に両社の強みを効果的に発揮できる組織体制を構築し、両社の主要顧客である教育機関や研究者に、一層価値あるコンテンツやサービスを提供していくことを目指すとしている。

平成28年2月1日(予定)を合併予定日とし、合併の方法は丸善を存続会社とする吸収合併方式。雄松堂書店は効力発生日をもって解散する。